HOME > mattiのスピードブログ
mattiのスピードブログ
皆様ご無沙汰しております!フェイスブックインスタグラムはちょこちょこUPしておりますがブログ更新なんと1年以上しておりませんでした!あまり期待されていないのは分かってますが久しぶりの更新です。(笑)

2017年夏から取扱いを始めたUral (ウラル)のサイドカーですが、想像以上の楽しさに店主の私がかなりハマっています!(笑)しかし21世紀の現在、サイドカーに乗っているのは一部のマニアックな方で、殆どの方はサイドカーに触れた事も無いのが現状です。
 

  FB27B017-4927-45BA-962E-BC627EA63636.jpg

かく言う私も昨年初めてサイドカーに乗りました。Uralに乗る前までは何であんな乗り難い物に乗るんだろう?位に思っていましたが、Uralの楽しさは私のサイドカーに対するイメージ見事に裏切ってくれました。夏は短パンにTシャツの軽装で近場の海岸線や農道をのんびり走り、冬は20cm以上の積雪をチェーン無しのノーマルタイヤで走破!荷物も沢山載せれて子供や奥さん、はたまた犬までも緒に楽しめるバイクはUral以外には存在しないと思います。

 

 

オンロードバイクには長く乗っているけど少しマンネリを感じていた!?とかスピードを出すのはもういいかな!?とい方々なんかに特にお勧です!機械的には優れた所は殆ど無く古典的な乗り物、且つ運転に多少の癖が有るものの、そこも含めてきっと全てが新鮮に感じるでしょう。

後付けのサイドカーでは簡単には造れないメーカー純正パートタイム2WD(船側の車輪も駆動させることが出来る)唯一の完成車というのも大きな魅力で、サイドカーの中では価格が安いのも見逃せません。
 

 

 
SPEED motor garage ではUralの楽しさを知って頂く為の同乗試乗を最高のロケーションでご案内しております。是非お気軽にご体験下さい。皆様のご来店お待ちしております!(^ ^)
 
Ural Japan
 
サイドカーの事全般分かり易く書かれています。

 maxresdefault[1].jpg

世界のスクーター最新事情が解っている人は知っている、ヨーロッパでもその実力を認められた、スクーター王国台湾ナンバーワンのメーカーKYMCO(キムコ)が日本法人を立ち上げてから約1年、KYMCO JAPAN のみならず 我々正規販売店にとっても待望の原付2種オールニューモデルRacingS125(レーシングS125)が遂にデビュー間近となってきました!

 

本国の車両開発は勿論のこと、KYMCO JAPAN RacingS125に賭ける意気込みは相当なもので、公式ホームページと別にRacingS125 のスペシャルサイトhttps://sway.com/WcSlFNgJ2EMgqSsTまで用意、メカニカルな部分からデザインや使い勝手まで、多くの写真と分かり易い言葉で細かく解説しています。

 

RacingS125(レーシングS125)は125ccスクーターを通勤や普段の足代わりに使う方は勿論ですが、趣味でバイクに乗っている方のセカンドバイクサードバイクとしてもかなり魅力的な仕上がりになっています。当店でも発売(10月14日予定)と同時に試乗車を導入予定です。国産スクーターも含め今原付2種の購入を検討中の方はRacingS125(レーシングS125)に試乗するまでは決めない様にお願い致します!

 

20160531[1].png

先日の東京モーターサイクルショーで発表された XCITING400i ABS の先行予約キャンペーンが始まります!実車を会場で観てきましたが、エッジの効いたスポーティデザインと、高級感が上手くバランスされていてすごくカッコ良かったです。国産ビッグスクーターをを含めても、今までにない新しいタイプのミドルクラススクーターです。品質や性能は、最早疑う必要が無い位良く出来ていますので、写真だけで選んでも全く問題ないと思います。

xciting400i_01[1].jpg

スポーティな雰囲気を演出するデュアルヘッドライト

xciting400i_05[1].jpg

先進性溢れるデザインの高輝度LEDテールランプ

xciting400i_03[1].jpg

フロント大径280mmウェーブローターと優れた制動性を生むラジアルマウントキャリパーを採用・リア240mm大径ウェーブローター装備

xciting400i_06[1].jpg

先進的なイメージの液晶マルチファンクションメーター

xciting400i_07[1].jpg

大容量ラゲッジスペース

xciting400i_08[1].jpg

パールホワイト

xciting400i_09[1].jpg

マットブラック

xciting400i_10[1].jpg

レッド

XCITING400i はレッドイメージカラーとなっていますが、個人的にはパールホワイトがお勧めです!
現車はまだ観れませんが、気になっていた方は是非店頭までお越し下さい。皆様のご来店お待ちしております!

 

 

2016-05-24~27BRPシドニー.jpg

5月25日~27日までの3日間お休みを頂き、店長と二人でBRPオーストラリアのトレーニング施設でテクニカルトレーニングを受けてきました!

エンジン分解アライメント調整専用診断機を使った故障診断等が主な内容で、普段は時間に追われてゆっくり出来ない事も体験させて頂きました。メカニカル以外にもシドニーの最先端を行くバイクショップの見学やディーラー同士の交流等とても充実した3日間でした!

既にスパイダーを購入いただいているお客様の満足度UPと同時に、スパイダーをまだ体験していない九州の皆様に、本当の楽しさをお伝え出来る様頑張っていきたいと思っております!

BRP関係者の皆様、今回も大変お世話になりました。今後とも宜しくお願い致します!

九州北部の福岡は、揺れはあったものの店舗に特に被害はなく通常通り営業中です。被害にあわれた地域の皆様に心からお見舞い申し上げると共に、一日も早く皆様の平常が取り戻せるよう心よりお祈りしております。

DSC_0018 (2).JPG

先日入荷したばかりのカンナム パイダー F3 リミテッド ですが、納車前カスタマイズのご依頼を頂きました。

DSC_0036 (3).JPG

シグネチャ ライト(¥26,460)  際立った存在感を演出するLEDライトです。ハーネスやステー類も付属され装着も簡単に行えます。15年モデルを含むF3全機種に装着可能

DSC_0068.JPG

ドラッグ・ハンドルバー クローム(¥76,680) ストレートな幅広バーでアグレッシブライディングポジションになります。高級感が有るるクロームメッキタイプとノーマルと同様のカーボンブラック(¥46,440)の2色が選べます。高さと手前にくるハンドルポスト込みの価格です。

DSC_0056 (2).JPG

アクラポヴィッチ マフラー(¥155,520) カーボンエンドキャップヒートシールドが付いたプレミアムチタンシェルノーマルマフラー55%の軽量化を実現。音量も大き過ぎず深い反響音を奏でます。

DSC_0074.JPG

オプションパーツでは有りませんが、北米仕様と同様のメッキタイプエアスクープに変更。他にもメッキパーツを数点とアジャスタブル・パッセンジャー・バックレストを取付させて頂きました!

同じ九州の隣の県は大変な事になっていて、連日の報道で気分は少し滅入ってきますが、出来る支援は行いつつ通常業務はそれとは別で頑張っていきます。九州第1号のF3 LIMITED Y様納車お楽しみに!

 

 

 

1234567891011